大好評放送中のシドニアの騎士において、主人公・長道がガウナを単独撃破した後、
訓練生用のロッカーに袋をぎゅうぎゅうに詰め込められていた。
てて
シドニアの騎士 2巻より



おそらく多くの読者・視聴者が英雄となった長道に応援の意味で入れられたものだと思ったことであろう。

しかし、原作者・弐瓶勉のTwitterにおいて、海苔夫が嫌がらせで行われたものだと判明した。


BlogPaint
https://twitter.com/tsutomu_nihei/status/471296112179937280
この衝撃の告白に海苔夫もびっくりしている模様

bandicam 2014-05-28 00-07-10-570
https://twitter.com/SIDONIA_anime
公式もびっくり



以前からファンの間では、
「逆に迷惑だろwwww」
「持って帰るの大変そう」
「消臭剤からえらい出世だな」
などと言われていたが、本当に意地悪で入れられていたと思いもしなかっただろう。

長道は光合成を行うことができず、「普通の」人間とは違う体であるがゆえに
体臭がきつかった。
そのため、ロッカーに消臭剤を入れられるなどの嫌がらせをされていた。
しかし、シドニアの四天王が倒すことができなかったガウナを一人で倒したことによって、
周りから認められるという感動的なシーンのはずだった。

その真相がこれである。


しかも、海苔夫は「谷風がこっそりロッカーを開けることを覗いていた」という小物っぷりである。
しかし、どこから覗いていたというのか。
bandicam 2014-05-28 00-03-14-600
TVアニメ・シドニアの騎士 第6話より

このように細長い廊下であり、このシーンにおいて海苔夫と髪が同じキャラはおらず、
長道が向いている方向からはイザナが走ってくるのだが、確認できる範囲では
海苔夫らしきキャラは見当たらない。
bandicam 2014-05-28 00-37-40-983
同じくTVアニメシドニアの騎士 第6話より

窓の反対側から望遠鏡で覗いていたのか、
隣のロッカーの中にでも隠れていたのか
あるいは変装でもしていたのか。

いずれにしても、すごい執着である。



Powered By 我RSS
1001: マンダンおすすめ記事 2013/12/24(金) 01:23:45.67 ID:DatuHiriaGuide